毒草一覧次の花
フ キ


花茎は春の味覚としてお馴染みの「フキノトウ」ですが、肝臓障害を引き起こす成分を含んでいますので食べ過ぎにはご注意です。ヒガンバナと同様に葉と花茎が別々に生育するという珍しい特徴を持っています。


毒草名  フキ、フキノトウ、ヤマブキ、フウキ、フキンボ、タンバ、フキンコ、ホギ、バッケェ、チャンマイロ、バター・ブァ
学 名  Petasites japonicus MAXIM.
特 性  キク科 フキ属、雌雄異株の多年草
花 期  3〜4月
毒部位  フキノトウ
成 分  フキノトキシン(Fukinotoxin)、クェルセチン(Quercetin)、ケンフェロール(Kaempferol)、サポニン(Saponin)、タンニン(Tannin)、コリン(Choline)
症 状  肝臓障害、発癌




雄花は黄白色、雌花は白色をしています。

 

 

≪MEMO≫
・フキノトウ=フキの生殖器官。
・尻拭き:昔、フキの葉はトイレットペーパーの代用として用いられていた。ので、尻拭き→ふき。
・日本で最も普遍的に分布している植物。何処へ行っても見られる。
・秋田県の県花=アキタブキ(エゾブキ)
・雌株には綿毛を付けた種ができて、雄株はしおれて枯れてしまう。
・蕗の姑(ふきのしゅうとめ):薹が立つ


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS